フリーランスエンジニアの仕事と年齢の関係とは

30代に会社を辞めてからふりランスエンジニアに転身

フリーランスエンジニア 年齢の関係フリーランスエンジニアの年齢に限界はある

私は30代に会社を辞めてからふりランスエンジニアに転身して、現在は40代半ばです。
仕事内容はWebページの制作や簡単なプログラムを作成する作業で、場合によっては他のエンジニアの方と連絡を取り合って仕事をすることがあります。
一般的にプログラミングとかWeb関連のエンジニアと聞くと20代とか30代前半の若い人をイメージされることが多いのですが、自分も含めて40代以降のエンジニアがたくさんいます。
フリーランスエンジニアの仕事と年齢の関係ですが、実際に仕事に従事している私の経験では世間一般の多くの人々が考えるようなイメージとはかなりかけ離れています。
私が初めてインターネットの存在を知ったのは、20年以上前に大学に入学してから授業でWebブラウザやメールの使い方を学んだ時です。
この頃はインターネットは普及しておらず、一部の研究機関・大学・企業などで連絡用に電子メールを利用したり、試験的に公式サイトを設置する程度でした。
インターネットが普及する以前にもプログラマーは存在していましたが、インターネット関連の仕事(Webページの作成やサーバー管理など)は若い人が中心となって行っていました。
このため、現在でもITエンジニアは若者の仕事というイメージが定着してしまったようです。

30代に会社を辞めてからふりランスエンジニアに転身 | IT環境は大きく変化しました | 常に最新の情報に精通している必要があります